hair make design Paf

こんにちはSEEKのTAKUです。 カラーのもちってなかなか思ってるよりも早く抜けてしまったり、気がついたら色がかわってしまっていたりしますよね?

そんなカラーのもちは意識と習慣でかなり変わるんです。 今日はそんな方法の一部を3つご紹介したいなと思います。

まずはなぜカラーが落ちるのか。 それはカラーの薬に入っている「アルカリ」というものが関係しています。アルカリは髪の表面のキューティクルを開いて、色味が中に浸透する通り道を作るものです。この影響でカラー後の髪は鍵のかかっていない扉の様になっていて扉が閉じかけているけど出入りが自由になっているんです。

そこでまず1つ目 「髪を洗う時のお湯の温度を低めにする」 熱いお湯はキューティクルをより開いてしまい、カラーの退色を早めます。 シャワーの位置を髪を洗う時少し高めから流すのでも良いと思います。夏だったら38°Cくらいに設定するのが良いでしょう。

そして2つ目 「乾かす前に洗い流さないトリートメントをつける」 オイルは髪の表面にベールを貼ってくれる守りの役割をしてくれます。乾かす前につければ1日中髪のキューティクルを守ってくれます。

そして3つ目 「日差しを避ける」 日光は髪の中まで届いていて、カラーの色素を壊してしまう効果があります。特に日差しの強い日は日傘をさしたり、帽子をかぶるのは非常に有効です。

以上の3つを守るだけでも格段に色持ちが良くなりますので、是非やってみて下さいね☆

良いカラーライフを♪

長崎拓也